The ice 名古屋公演でパワーチャージ

The ice名古屋公演を鑑賞しました。The iceは浅田真央さんが座長を務めるアイスショー。
2007年から毎年8月に名古屋を本拠地として大阪や仙台等で開催されています。私は今年で3回目の鑑賞。

今年は真央ちゃんが引退宣言後に初のアイスショーという事もあり、出演スケーター達が歴代の真央ちゃんのプログラム曲で滑ったり、真央ちゃんの門出を皆でお祝いするような内容でした。

アクシデントに見えたプロ意識

小塚崇彦さんのプログラム途中、後半から急に動きがコミカルに。足を引きずっている様子。よく見ると、スケート靴の紐がほどけて、足に絡まっていました。小塚さんはそれでもプログラムを止めることはせず、片手で紐を持ちながら、動きの中で自然に見えるように滑り続けていました。

それぞれの選手がスポットライトの当たる本番の前に、どれだけ練習をしていることか。
リンクに出る時には、最高のパフォーマンスをしようという気持ちで滑りだしている。

それでも、転ぶこともあるし、紐や衣装がほどけるようなアクシデントもある。

試合もショーも、本番のパフォーマンスが全てに見られてしまう。
それも受け入れた上で、挑戦している人達がアスリート。

世界のトップを目指すような選手であっても、一人の人間。
ただ、その瞬間にベストを尽くしているだけ。

生の感動は最高のリフレッシュ

何にでも言えることだけれど、メディアを通して見るのと、自分で見て、感じる事って全然違う。

試合やショーに行き、実際のスケーター達の姿を見て、氷の音を聞く。
フィルター越しでない、自分の目に映る世界を見る。音楽とスケートの世界に浸る。

感動が胸を満たして、自分も前に進もう、チャレンジしようと改めて思う。

チケット代で温泉旅行行けるかもしれないけれど、私にとっては何よりのリフレッシュとエネルギーチャージ。

名古屋駅のおすすめ土産

名古屋駅で大好きなフルーツトマト大福、おほほっも買えました。
さっぱりして本当に美味しい。名古屋へお越しの際にはぜひお試しを。