雨の日の護身マナーは傘の扱いから

台風の影響もあり、天候の悪い日が続きますね。雨の日が続くと気持ちも沈みがち。そんな時こそ、お気に入りの傘で、気持ちを上向きにしたいですね。

今日は傘の扱いをご紹介します。傘の扱いも護身マナーの一つ。なぜなら、雨の日には傘を原因としたトラブルが各所で発生するからです。水滴がかかったり、傘がぶつかったり。ただでさえ憂鬱になりがちな雨の日、無用なトラブルは避けたいですよね。

傘をスマートに扱う方法を知り、トラブルを回避しましょう。

人とすれ違う時は「傘かしげ」

雨の日にすれ違う時、傘と傘がぶつからない様に、傘を傾けるしぐさを「傘かしげ」と言います。相手と反対側に傘を傾ける事で、スムーズにすれ違う事ができます。その傘の様子が首をかしげる様子に似ていることから、「傘かしげ」と呼ばれています。この「傘かしげ」、残念ながら相手も傘を傾けてくれないと上手くすれ違えません。けれども、自分の傘を外側へ傾けてあれば、相手に水滴がかかることはありません。また、道幅が狭い時には、少し傘をすぼめる方が効率的な場合もあります。

人ごみの中で傘をさす時

開いた傘を柄が地面に垂直になるように持ちます。水滴が均等に落ちるので、自分も周囲も濡れにくくなります。まっすぐ持つのは意外に難しいですが、まずは意識してみて下さいね。

傘の水滴を落とす時

傘の先をトントンと地面に軽く突き、水滴を落とします。左右に振ると周りに水滴が飛び散るので、人が周りにいる時には傘を振らない様にしましょう。傘には、使う前に防水スプレーをかけておくのがおすすめ。水滴が落ちやすくなり、快適です。

傘の持ち歩き

傘は手元を持ち、地面に垂直になるように意識します。そして、できるだけ自分の体に沿わせて持ちましょう。反対に、ダメな持ち方は、柄の部分を持って歩くこと。柄の部分を持って歩くと、手の動きに連動して傘が振り回され、大変危険です。特に階段やエスカレーターでは、傘の先が相手の顔の近くに来ることもあります。傘は地面に対して垂直に持ち、体に沿わせる。傘を振って歩いている人とは距離を取ると安心です。

折り畳み傘

折り畳み傘、便利ですよね。私も使っています。以前は傘を使った後の移動中や一時置き場に困っていましたが、最近は折り畳み傘専用のカバーを愛用しています。内側がタオル地になっていて、畳んだ傘を入れて持ち歩いてもカバンの中が濡れません。東急ハンズ等のバラエティショップで取り扱いがあるので、折りたたみ傘派の方はぜひチェックしてみてください。

傘についての「気を付けて」の解説、いかがでしたか?身近な人とも改めて確認してみてくださいね。

合わせて読まれている記事 傘は立派な護身グッズ