赤十字の幼児救助支援員の資格を取得しました。

先日、赤十字の幼児救助支援員の資格を取得しました。合格の通知にホッと一息です。今後、必要な時に役立てられる様、復習をして、身近な人達へ知識を伝えていきます。

なぜ幼児救助支援員?

私の考える「護身マナー」とは自分と大切な人を守る具体的な知識やコミュニケーションの総称です。今も、「護身マナー」を体系化する過程にあります。その中で、今の自分にとって非常時に助けたい相手として真っ先に思い浮かぶのは、子供たち。そのための知識を身に付けておきたいと思い、受講しました。

当日受講していたのは、保育園の保母さんや児童館の支援員の方等、子供に関わる仕事をしている方が大半でした。助産婦さんの卵の学生さんも数名いらっしゃいました。皆さん、休日返上で学びに来ていました。

授業で印象深かったのは、子供という存在の定義。

「無限の可能性を持った豊かな存在」

と表現されていて、とてもいいなと思いました。

幼児安全法で学ぶ内容

子供の発達と、その経過で起きやすい事故や怪我について。異変が起きた時のシチュエーションに合わせた対応法や、ハンカチやストッキングを使った、包帯法や止血。様々な応急処置を実技を通して具体的に学びました。

AEDを使用する一次救命処置のパートでは、乳児と幼児で違う、胸骨の圧迫方法や人工呼吸法、呼吸の確認の仕方や電源パットの張り方、AEDの使用方法まで繰り返し繰り返し練習しました。

リアルな乳児や幼児の人形を使用した実習は緊張感があり、気が引き締まりました。

自助と共助の力が安心を生む

今回二日間を通して学んだことで、私の中に今までよりも大きな安心が生まれました。自分にもできる事があると分かる事で安心できるのは、護身マナーと同じです。

災害時等の非常時に必要になる、3つの「助」をご存知でしょうか?一つ目は、自分を助ける「自助」。二つ目に、お互いを助ける「共助」。三つ目に、公的な支援を「公助」と言います。

「公助」は大きな助けになりますが、到着するまでに時間がかかります。一人一人が、「自助」と「共助」のための知識を付けることは、社会の安心を高めることにつながると改めて感じました。

まもるいのち ひろめるぼうさい

赤十字には青少年赤十字防災教育プログラム「まもるいのち ひろめるぼうさい」があります。

教材は無料でダウンロードすることができ、小学生用から高校生用まであります。自分の大切なもの考え、災害に具体的に備える事のできる充実したプログラムです。ぜひご覧になってみてください。