身の危険はいつ降りかかるか分からないもの。

用心していても、危険な状況に遭遇してしまう可能性は誰にでもあります。
普段は持っている護身グッズをバッグを変えて忘れてしまったら?

護身グッズとして使える女性の持ち物3つ

そんな時は普段持っているものでも護身用に活用しましょう。
今日は3つの例をご紹介します。

ヘアピン

先の鋭いピンは突き刺して使用でき、相手に鋭い痛みを与えられます。
まとめ髪でない日にも耳の後ろやバッグのポケットに1本差しておくといざという時にあなたを守ってくれるかもしれません。
欧米ではヘアピンが護身に有効な事は認知が高く、護身用に尖った刃のついたピンも販売されています。

ボールペン

使う時はペンをぎゅっと握ってペン先を相手に向けます。
この時に親指を一緒に握ってしまわないように注意しましょう。骨折の恐れがあります。
プラスチックのペンよりも金属製のペンの方が固く威力があり、護身グッズとしておすすめです。

ハイヒール

電車での痴漢や、抱きつかれるといった被害に遭遇した時、ハイヒールを履いていたら相手の足の甲を思い切り踏みましょう。
足の甲は細い骨が多く、筋肉をつけるのが難しい場所。
女性から男性に対してもダメージを与えることができます。

まとめ

身の危険が迫った時は、「逃げるための隙を作る」ことに全力を注いでください。
例え武術の心得があっても、相手をどうにかすることを考えるのではなく、逃げることが何より優先です!

自分の好きな色でファッションの一部として持ち歩ける護身グッズをお探しの方におすすめ
SELDYプロテクトチャーム