アメリカの護身グッズの収集をしていると、ピンクリボンのついた商品をよく見かけます。

例えば、ペッパースプレー付きキーリング。

pepperspray

ピンクリボンが何のためのマークがご存じでしょうか?
ピンクリボンは乳がんの早期発見の大切さを伝え、定期健診を啓発する世界共通のシンボルマークです。

ピンクリボン活動は1980年代に当時乳がん患者が急増していたアメリカで始まった乳がん検診を啓発する運動です。10月の第3金曜日を「ナショナルマンモグラフィデイ」と制定し、国を挙げての乳がん死を減らす運動が始まりました。

現在までに多くの国、企業、市民団体が、ピンクリボン運動に取り組んでいます。
その結果、アメリカおよびヨーロッパでは乳がんの死亡率は90年代から徐々に減少に転じています。

しかし、現在の日本の検診受診率は、70%を超える欧米に比べ、40%程度にとどまっています。
認定NPO法人乳房健康研究会の調べによると、検診に行かない理由は、「費用が高い」「痛い(らしい)」「機会がない」など。反対に、検診を受診した理由は「大切だと聞いた」「人から勧められた」が多くなっています。そのため、日本における乳がん検診受診率の向上のため、ピンクリボンアドバイザー制度が始まりました。私も先日、アドバイザー初級を取得しました。

乳がんは日本の女性の12人に1人が罹る病気で、30代〜50代の女性の死亡原因のトップです。けれど、早期発見で90パーセントが治癒する病気でもあります。

20代でも罹患することはあるので、20歳を過ぎたら月に1回、セルフチェックをおすすめしています。生理後1週間後位の乳房の柔らかい時期に、入浴時に泡をつけて乳房全体と脇までしこりがないか確認した後、鏡の前で引きつりやへこみがないかを確認してください。

乳がんの早期発見の重要性に「気付き」、定期健診を受けるように「行動」することは、セルフ・ディフェンスに当てはめると、自分で自分を守る心構えの必要性に「気付き」、危険を遠ざける方法を実践したり護身グッズを携帯するように「行動」することになります。

乳がん検診も、セルフ・ディフェンスもこれからの日本人女性一人一人が自分事として向き合っていくトピックです。このブログを通して、自分の安全と健康に今までよりも興味を持って頂けたら幸いです。

護身力アップ!

☆SELDY オリジナル護身チャーム☆