夏休み前に確認したい、女の子のための護身マナー

夏休み目前ですね。

どこに行こう?誰と遊ぼう?

海水浴、花火、フェス、夏はワクワクするイベントが盛り沢山ですね。

けれども、不特定多数の参加するイベントは危険もあります。

今日は夏休み前の女の子達に覚えておいて欲しい護身マナーをご紹介します。

イベント当日の護身マナー

1. 貴重品はコンパクトに!

混み合う場所はスリや置き引きにとって格好の場。貴重品はコンパクトにまとめ、斜めがけできるミニバッグに入れ肌身離さず持ち歩きましょう。海水浴やプールでは防水タイプのケースを利用すると安心です。

2. 帰り道のシミュレーションを!

帰宅時間と交通経路を先にシミュレーションしておきましょう。公共交通機関で帰る予定なら、終電の1本前には間に合うようにアラームをかけておきましょう。最寄駅から徒歩の場合は、ヒールではなく、フラットな靴を用意しておくと良いですね。最近は折りたためる軽い靴も売っています。

3. 飲み物に注意!

クラブ等での「一杯どおごるよ。」は嬉しいかもしれませんが、脱法ドラッグを入れられる恐れも…。昨年も新宿の繁華街で女子大生が10人以上も倒れた事件がありました。特に初対面の相手には要注意。ドリンクをご馳走になる場合は、必ず店員さんから受け取るようにしましょう。

いかがでしたか?ちょっと面倒だなと感じることもあるかもしれませんが、意識してみてくださいね。

夏休みは普段できない事にチャレンジする大チャンス。

私は大学時代、1~2年はアルバイトと貯金に明け暮れて、3年生で初めてアメリカへホームステイに行きました。
同じツアーで出会った友人は今も帰省する度に会う仲。普段の自分の行動範囲から飛び出すと、今まで出会えなかった人との出会いがあるのが楽しいですね。

青春真っ盛りの女の子達が、安全に楽しめますように!