パーティシーズン 外出前にチェックしてほしい3つの護身マナー

10月になり、すっかり秋ですね。私が護身マナーを広めたい相手は、高校生や大学生の女の子達。ファッション誌でリサーチしていると、今月はハロウィン特集。様々な仮装アイデアがあって、とっても可愛い。同時に、パーティでは危険センサーをONにしてねとおせっかい心がムクムク。

不特定多数の参加するイベントは危険もあります。秋冬はパーティーの多いシーズン。パーティでの「気を付けて」って具体的にはどんな事でしょう?外出前にチェックして欲しい3つの護身マナーをご紹介します。

1. 貴重品は身に付けて!

混み合うイベント会場はスリや置き引きにとって格好の場。荷物を無造作に椅子に置いたりしていませんか?特に貴重品は盗まれたら大変!コンパクトにまとめて斜めがけできるミニバッグに入れ、肌身離さず持ち歩きましょう。

2. 飲み物に注意!

クラブ等で初対面の相手から差し出された飲み物には、要注意。脱法ドラッグが入れられている恐れがあります。盛り上がっていても、ドリンクは必ず、店員さんから受け取るようにしましょう。

3. 帰り道のシミュレーションを!

帰宅時間は決めてありますか?帰宅手段と交通経路を先にシミュレーションしておきましょう。公共交通機関で帰る予定なら、終電の1本前に間に合うようにアラームをかけておきましょう。最寄駅から徒歩の場合は、ヒールは危険。コンパクトにたためる、フラットな靴を用意しておくと良いですね。

危険へのセンサーはONにして、安全に楽しんでくださいね。