人間関係をスムーズにするクッション言葉

依頼の仕方で印象が変わる

社会人になると、学生時代よりもコミュニケーションする人の幅が大きく広がりますよね。
今日は、仕事をする上で欠かせない「依頼」をスムーズにする「クッション言葉」をご紹介します。

「クッション言葉」とは、字の通り言葉のクッションです。

例えばあなたが何かを頼まれる時、

「〇〇してください。」と「お手数ですが、〇〇してもらえますか。」

どちらが気分が良いですか?最初の台詞だと、素っ気なく感じてしまいますよね。
一つ目のセリフは、「命令形&クッション言葉なし」。二つ目のセリフは「依頼系&クッション言葉あり」。

人に依頼をする時は基本、「依頼系&クッション言葉あり」と覚えましょう。

最初に覚えたいクッション言葉5選

お手数ですが

一番使いやすいクッション言葉。依頼は相手の時間を使うもの。この一言は相手の時間への気遣いを表します。

お手すきの時に

それほど緊急度が高くない、期限にゆとりのある用件に使う。

恐れ入りますが

目上の方や、取引先、顧客に動いて頂く時に使う言葉。

恐縮ですが

恐れ入りますよりやや堅い言葉。面倒な事を頼む時や、こちらにミスがあった時にも使う。

申し訳ございませんが

こちらにミスがあった時や、相手の時間を多く使う時に使う。

クッション言葉のトッピング

依頼の内容が手間のかかる業務であったり、相手がとても忙しそうな時には、クッション言葉をトッピングしましょう。

トッピングは「大変」「誠に」「お忙しい所」
この3つを覚えておき、クッション言葉と組み合わせます。

例えば、「大変お手数ですが」「誠に恐縮ですが」「お忙しい所恐れ入りますが」のように使います。

期限はきちんと伝えましょう

いつまでに返事をして欲しいという希望があれば、必ず具体的に伝えましょう。
相手も色々とある業務の中から優先順位をつけて動いています。忙しいと期限のない依頼は後回しにされてしまいます。

「今日の〇〇時までに」「今週中に」「来週〇曜日までに」「〇日までに」

仕事がスムーズな人からの依頼には、「期限」が「具体的に」書かれています。

至急は簡単に使うべからず

急ぎの用件があると、「至急、お願いします!」と言ってしまいますよね。

その「至急」、本当に「至急」ですか?

「至急」という言葉は「すぐにやって!」という大変強いニュアンスがあります。

相手にも仕事の段取りがある中、「至急」で割り込む案件は慎重に出しましょう。

逆に、「至急」を乱発する人の案件を良く見てみましょう。

意外と緊急性が低い案件が紛れていますよ。

気楽にこつこつ

相手によって同じ言葉でも受け取り方が違います。

仕事をしていると自分の思うようにいかない時もあり、疲れたなって時もありますよね。

コミュニケーションはトライ&エラー。

失敗も学びの種と思えば大丈夫。気軽にいきましょう♪